動画ライブラリ

「#神経内科」での絞り込み結果

絞り込み解除

siRNAを知る!

世界初のsiRNA製剤であるオンパットロに施された様々な製剤学的工夫とその作用機序について、イラストを用いてわかりやすく解説しています。

ATTRvアミロイドーシス その病態に迫る!

心臓および末梢神経へのTTRアミロイド沈着過程のイメージやATTRvアミロイドーシスの3病型(若年発症V30M型、高齢発症V30M型、非V30M型)の違いなど紹介しています。

Amylum? 命名法からアミロイドーシスを考える

”アミロイド”の語源やアミロイド・アミロイドーシス研究の歴史、また、アミロイドーシスの分類や病名の命名法などを紹介しています。

図解でわかるAPOLLO試験

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの治療薬であるオンパットロの国際共同第Ⅲ相試験(APOLLO試験)で示された有効性と安全性の成績をわかりやすく解説しています。

図解でわかるAPOLLO試験(心症状編)

オンパットロの国際共同第Ⅲ相試験(APOLLO試験)で示された有効性・安全性データの中から、心アミロイドーシス集団における成績をわかりやすく解説しています。

図解でわかるAPOLLO試験(QOL編)

オンパットロの国際共同第Ⅲ相試験(APOLLO試験)で示された有効性・安全性データの中から、QOLに関する成績をわかりやすく解説しています。

図解でわかるAPOLLO試験(自律神経編)

オンパットロの国際共同第Ⅲ相試験(APOLLO試験)で示された有効性・安全性データの中から、自律神経症状に関する成績をわかりやすく解説しています。

RAGEはトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの組織障害を媒介するのか?

糖尿病における血管障害などへの影響が示唆されているAGEs(終末糖化産物)-RAGE(AGE受容体)系がトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの病態形成にも関与している可能性を紹介しています。