動画ライブラリ

siRNAを知る!

世界初のsiRNA製剤であるオンパットロに施された様々な製剤学的工夫とその作用機序について、イラストを用いてわかりやすく解説しています。

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの病態と診断方法

心不全患者さんの中にトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーが潜んでいる可能性があります。様々な症状から本疾患を疑うことの重要性と確定診断のためのフローを解説しています。

オンパットロの作用機序と臨床効果

オンパットロの作用機序をCGを用いた動画で解説しています。また、国際共同第Ⅲ相試験(APOLLO試験)で示されたオンパットロの有効性と安全性のデータについても紹介しています。

循環器内科の先生方へ(関島先生からのメッセージ)

オンパットロが登場したことの臨床的意義に加え、トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーが循環器疾患に潜んでいる可能性と早期診断・早期治療の重要性について、専門医である関島良樹先生(信州大学医学部 脳神経内科、リウマチ・膠原病内科 教授)に解説していただきました。

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの病態と診断方法

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの発症機序や様々な症状を紹介しています。また、それらの症状から本疾患を疑うことの重要性と確定診断のためのフローを解説しています。

神経内科の先生方へ(関島先生からのメッセージ)

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの早期診断・早期治療の重要性と、オンパットロが貢献できる可能性について、専門医である関島良樹先生(信州大学医学部 脳神経内科、リウマチ・膠原病内科 教授)に解説していただきました。

手根管症候群に潜むATTRアミロイドーシスー早期診断・早期治療の重要性ー

手根管症候群は、ATTRアミロイドーシスに合併する代表的な疾患です。具体的な臨床データを交えながら、手根管症候群に潜む本疾患の早期診断・早期治療の重要性について解説しています。