動画ライブラリ

「#病態」での絞り込み結果

絞り込み解除

RAGEはトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの組織障害を媒介するのか?

糖尿病における血管障害などへの影響が示唆されているAGEs(終末糖化産物)-RAGE(AGE受容体)系がトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの病態形成にも関与している可能性を紹介しています。